三姉妹の母のヒトリゴト

A型な性格が出るかな

上の子可愛くない症候群は母親失格じゃない


上の子可愛くない症候群は子供のいない人には分からない悩みだと思います。


次男を出産し、なんとか母子同時退院となった今年の3月。

たった10日留守にしただけと思っていたのだが、あまりに小さくか弱い新生児と濃密な時間をともにしていた私は、帰宅した際にちょっとした違和感を覚えた。

「あれ、なんか長男がデカい……」

クラスではお世辞にも大きいほうとはいえない4歳長男。
ちょっと見ない間にものすごく背が伸びてしまったのだろうか。顔もなんだか大きくなっている気がする。体格もすらっとしてしまって、幼児らしいポチャポチャしたところが抜けてしまったような……?

子どもの成長って、早いな……。
そう思って数日過ごしていたのだが、それはある日突然訪れた。

<上の子をかわいく思えない。>

そんなバカな、と思った。
いつものようにイヤイヤをして、いつものように支度が遅く、いつものようにふざけている。前とおそらく変わらない長男の姿に、ものすごくイラついてしまった。

出産前だって、それなりに怒鳴り散らしてはいたものの、最終的には「ああ、しょうがないなあ、こいつは」と、どこかで受け止めていたつもりだった。
しかし今は、まったく受け止める気になれない。

そのことに気づいて、自分のことが恐ろしく思えてしまった。
いったいこれは、どうしたことだろう。


いままで愛しくて愛しくて仕方のはなかった我が子。

私にもありました。戸惑いましたし、本当に上の子供を愛せなかった・・。

下の子が生まれると、上の子をかわいいと思えなくなるというのは、ごくごく当たり前のことです。


特に、2年以上の年齢差がある場合にこう感じることが多いと思います。
上の子が2歳以上ということは、自我が芽生え、言葉もしっかりしてきて反抗もするようになります。


イヤイヤ期と言われる2、3歳にあたれば、何かにつけて反抗しわがままを言うようになります。


特に、下の子が生まれて、母親を下の子に取られたという寂しさを味わっている上の子は、それまで以上にわがままを言うこともあります。


それでなくても忙しい母親は、上の子の赤ちゃん返りやわがままにはイライラするでしょうし、腹立たしく思ったとしても不思議ではありません。


それに比べると、生まれたばかりの下の子は、まるで天使のように思えますね。
お人形のように体が小さく、口答えも反抗することもなく、ひたすら親である自分を求める無力な存在には、母性本能をくすぐられますよね。


生き物はなんでも、小さな赤ちゃんはかわいいです。子犬や子猫しかり。


百獣の王ライオンだって、赤ちゃんなら恐怖を感じることなく抱っこできますよね。
そもそも母親は上の子と下の子を比べて、下の子がかわいいと思っているわけではないのです。


一人目の時は、とにかく無事に育てることに無我夢中で、精神的にも余裕がなかったはず。


二人目をかわいいと思えるのは、一人目で経験を積んで余裕ができたからなのです。
上の子だって、赤ちゃんの時には、その存在に感動もしたでしょう?


下の子は小さいというだけでかわいいのです。


上の子がかわいいと思えないのは当たり前の感情とはいうものの、そんな感情をもろに出してしまうと、上の子が傷ついてしまいますね。


実は、「上の子がかわいいと思えない」と親が苦しんでいるように、上の子は上の子で言い知れぬ嫉妬の感情に苦しんでいるはずなのです。


そう、それまで自分だけを見てくれた母親を下の子に取られてしまったのです。
母親や周りの関心が、全部下の子に行ってしまいます。


誰かに嫉妬したことがない人なんてきっとこの世にいないでしょう。
湧き上がる嫉妬心は大人でもコントロールが難しいですよね。


そんな感情に3歳や4歳の子が苦しんでいるのです。


イライラして怒鳴ってしまうことがあったとしても、一日に一度は必ず抱きしめて「大好きだよ」と言ってあげてくださいね。


そして、上の子に「あなたが赤ちゃんの時も同じことをしたのよ」と伝えてあげてください。


上の子は、自分が母親からしてもらったことは覚えていませんから、下の子がされているのを見て嫉妬心を持ってしまうのです。自分も同じことをしてもらったと知れば、少しは気持ちがほぐれるでしょう。


いかがですか?


「上の子かわいくない症候群」は昔からある一過性のもの。まったく心配はいりません。


子どもの成長とともに親の方も成長します。


子どもの反抗やわがままにも慣れ、子どもの扱い方もうまくなり、自分のイライラの解消法も見つけられるようになるでしょう


何もかも初めての経験だった上の子の時はオロオロしていた母親も、デンと構えた自信満々のプロの親になっていきます。


ほんの少しの辛抱です。乗り越えてください。

上の子供とだけの時間を作ることで気持ちが落ち着いてきました。

上の子可愛くない症候群は、真面目なママほどなりやすいのです。

どうか、自分を攻めないで下さい。

 

ウチの長女は、凄く甘えん坊。
 ごはんも一人じゃ食べられないー、お母さん食べさせてー、と言ってくる。


思い当たる節は・・
1歳2ヶ月で次女出産し、3歳1ヶ月で三女を出産したことが影響しているのだと思う。


甘えにも、色々なパターンがあるようです。

小さいころさじゅうぶん甘えて、いったん自立しつつあったが、またここにきて甘えが強くなった

0歳、1歳、2歳とか、本来、お母さんとべったりするのがふつうな時期に、いろいろな自浄があって、じゅうぶん甘えることができなかった場合は、もう少し大きくなってから、激しい甘えが出てきて、それがしばらく続くことがあります。